忍者ブログ

磐田バッハいろいろアリアリ

静岡県磐田市に本拠を置く磐田バッハ合唱団のブログです。

Hさん御指導練習レポート

●リポーターMです。

11月30日(土)は、再びソリストHさんをお迎えしてのレッスンでした。今回指導していただいたのは、バッハのモテットよりLobet den Herrn(BWV 230)です。

前回同様、まず30分余りのストレッチと声出し。指導に従って身体を動かしていくと、身体そのものが[日常生活モード]から[合唱モード]に変化していくのが分かりました。

●今回は、表情についてのお話が印象的でした。

眉間にシワを寄せて歌っていると、どの指導者からも止めるように、と注意されるものですが、苦手な音を出す時は、どうしてもそうなりがちなんですよね。

でも、無理に作った笑顔では、

「歌っている側も、聴いている側も、双方ツラい!」ので、

「楽しいことを思い浮かべて、うっすら微笑むくらいが良い」のだそうです。

●Lobet den Herrnを通して聴いていただいた後、Hさんから、

「体力のあるうちに、最後の
Alleluijaの部分を練習しましょう」とご提案が。

なぜ、体力?

と思う間もなく、

「3拍子のリズムで、
こう歩きながら歌って下さい」
というご指示が!

つまり、ワルツのステップを
踏みつつ、歌わなければ
ならない、という事。
(゚◇゚)ガーン!!

全員立ち上がって、
歌いながらワルツで
歩いてみましたが、
予想に違わずムズカしい。

「その場でサイドステップを
踏んでもOK」と
おっしゃって下さったので、
Mは早々に切り替えました!
(^-^;

さらに、長い音の立ち上げに
合わせて、手を上へ
動かすアクションも加わり、
ともかく全身を使って
Alleluija。苦労の甲斐あって、
全身でAlleluijaを感じ取れました。

●Lobet前半および中間部は、
各自で音の動きに合わせて、
手の動きを付けながら
歌う練習。

自分で考えながら
動きを付けると、
ひとつひとつの音の意味を
しっかりとらえる事が
出来る感じがしました。

貞夫先生が繰り返し
おっしゃる
「音の響きを大切に」する
音楽に、少しでも近付けた
でしょうか。

リズムを刻んで歌うだけでは、
流れが足踏みしてしまい、
歌っていても、
聴いていても、
おもしろい音楽には
ならない………と実感した
1日でした。

Hさん、ありがとうございました!





レッスン後、顔を出された
マエストロと、にこやかに
握手を交わされるHさん。



↑練習会場の
クリスマスデコレーション。
なぜか、お顔が
マエストロに見える~(≧▽≦)

(*写真提供はO石さんでした)
PR

第22回三遠南信文化交流合唱の集い

この秋は、台風による大規模な被害が各地で相次ぎました。被災された皆様が、1日も早く落ち着いた生活を取り戻すことが出来ますよう、お祈り申し上げます。

前回お知らせしたイベントのうち、10月12日(土)に予定されていた《静岡バッハ音楽祭》は、台風19号の影響で中止となり、残念だったのですが、

その翌々日の14日(祝)に開催された《三遠南信文化交流合唱の集い》には、磐田コーロ・ユビラーテ、磐田バッハ合唱団合同で参加することが出来ました。

このイベントは、
「浜松近郊の合唱団だけの演奏会でなく、三河・遠州・南信濃の合唱団が一堂に介して交流しながらレベルアップを図ろう」と、浜松合唱連盟初代理事長・故川口尋之先生が発案されスタートしたものだそうです。
(プログラム巻頭 現浜松合唱連盟理事長先生のお言葉より抜粋)

今回私たちが演奏したのは、
・「小さな木の実」(ビゼー)
・「主よ人の望みの喜びよ」(バッハ)
・「落葉松」(小林秀雄)
の3曲でした。

貞夫先生の体調が、まだ万全ではないため、指揮者なしでの演奏となりました。

当日になって、合唱メンバーからも体調不良のため欠席する方もあり、不安を抱えながら、ステージリハに臨みました。

しかしながら、本番ステージでは、ソリストのNさんが「落葉松」のソロを歌いながら、合唱の入りにキューを入れて下さり、またピアニストK野さんの絶妙な伴奏に導かれ、無事に歌い切ることが出来ました。終演後の交流会では、まとまった良い演奏だった、とのお褒めの言葉を賜ったそうです。緊張感が集中力を高めたのでしょうか。

今回の合唱の集いには、14団体が各地から集結。客席からそのままステージに上がり、歌い終えると、また客席に戻り、他団体の演奏も全て聴ける、という形でした。出演した私たちも、一般のお客様たちと共に、多彩な演奏・演出を楽しんだ1日でした。

次回本番ステージは、12月14日(土)の「ほっとコーラスフェスティバル」(森町文化会館)です。今回と同じ3曲を演奏する予定です。より良い響きを求めて、また練習です♪

(*今回の記事は、磐田バッハメンバーのM田さんの原稿を元に管理人が編集いたしました。)





楽しく練習を続けています♪

●久しぶりのブログ更新となりました。

3月の演奏会以降、
病気療養に入られた
マエストロですが、
現在はご自宅で静養中です。

磐田バッハの練習は、
メンバーによる
自主練を重ねており、

8月31日(土)は、東京から
アルトのソリストHさんを
お迎えしてレッスンを行い
ました。

練習の様子を、
メンバーのMさんの
リポートでお伝えします。

●ウォーミングアップで
身体が目覚める感覚を
満喫しました♪

まずは、30分ほどウォーミングアップ。

両腕を頭の上に伸ばし、
胸が開いたポジションを
キープしながら、
両手を身体の脇に
下げていき、身体の
中心線を真っ直ぐ立てます。

目からウロコだったのは、
「手を下ろす時は、
なにげに下ろさないで、
出来る限り美しく下ろす」
というご指示でした。

乱暴に手を下ろすと、
せっかく出来上がった
身体のポジションが
崩れてしまうのです。

バレリーナのように、
指先まで神経を張り巡らせ、
頭の上からゆっくりと
両脇に下ろす。

こうして、自分の楽器
(=自分の身体)の
メンテをしていくのですね。

美しいバレリーナに
なったつもり~(*^▽^*)
でやると、良さそうです!

さらに、この姿勢を保った
まま、2人で組になり、
[ho]で真っ直ぐ声を出しつつ、
出すタイミングを合わせて、
両手でハイタッチ。

最初はなかなか
合わなかったりしましたが、
何度かやるうちに、
声の合わせ方、
息の合わせ方が
だんだん分かってきました。

●バッハのモテットを練習中

今、磐田で練習しているのは、
バッハのモテットBWV225
Singet dem Herrn ein neues Lied
(主に向かって新しき歌を歌え)です。

ステキな曲なのですが、
かなりの難曲。

マエストロの指示を思い出し
ながら、まず前半部分を歌って
みましたが、

心なしか、Hさんが
苦笑を隠し切れなかったような!? 

……(T_T)なかなか歌い切れない~。

改めてHさんのご指導を
受けながら、再挑戦。

身体を動かして、
筋肉記憶を使ってみよう、
という感じ。

例えば、バロックトーンの
ところでは、隣の人と
向き合ってハイタッチ。

細かいメリスマのところ
では、譜面やテーブルなど、
どこかを軽くノックする
感じで、身体でリズムを
作ってみる。

慣れない練習に
悲鳴を上げたり、
つい笑い出して
しまったり、の連続でした。

でも、繰り返し練習
しているうちに、
身体がだんだんついて
いってくれるようになったのか、

次第に音が揃い始め、
曲にメリハリが付いて
きました。

今まで頭では
分かっていても、
きちんと表現出来て
いなかったんだなぁ、
というのが身にしみて
分かりました。

マエストロが、
「やってるつもり……じゃダメ!
やらなくちゃ!」と
よくおっしゃるのは、
こういう事なんだなぁ。

Hさん、どうもありがとう
ございました!

♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬
   磐田バッハ合唱団 
   これからの予定

2019年10月12日(土) 13:00~
第4回静岡バッハ音楽祭
静岡バッハハウス

  曲目: モテットBWV225

2019年10月14日(日祝)13:00~

第22回三遠南信文化交流
合唱のつどい
浜松福祉交流センターホール

  曲目: 小林秀雄作曲
     「落葉松」他
※コーロ・ユビラーテとの
合同演奏となります。
♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬



静岡県芸術祭に参加しましたー。

●連休最終日は、グランシップ。

11/25、連休の最後を飾る
静岡県芸術祭の合唱コンクールに、我らが磐田バッハも
参加しましたー。





よく晴れた1日でしたが、
残念ながら富士山は
ちょっとかすみ加減。

合わせる時間が
少ししかないので、
グランシップの外で
練習。



演奏したのは、
バッハのカンタータ
BMW150番より第7番
Meine Tage in dem Leideと、
同じくカンタータ
BMW182番より第2番
Himmelskonig sei willkommen
の2曲。

めでたく入賞しましたー。

今回歌ったのは、
こちらのメンバーです。
(O石さんがアップしてくれた
写真をお借りしました♪
どうもありがとう!)



●今回管理人は、
練習に出られなかったので
オンステは失礼して、
メンバーズの子どもたち3人の
子守り部隊として参加しました。





かすんでいなければ、
ここも富士山が
よく見える見晴らしの
良い場所。
グランシップ脇の公園です。

ミニアスレチック風の遊具があり、
子どもたちは大はしゃぎ。
「こおり鬼」という
鬼ごっこをやりました。
 ↑
鬼に触られた子は、
その場に凍りついて
動いてはいけない。
別の子が、凍りついた
子にタッチしてあげると、
また動けるようになる、
というルールのモノ。

ふと気が付くと、
周り中の子どもたちが、
何か知らないけど、
鬼ごっこだ、
こおり鬼だぁ、と
ワアワアやっていて、
どうやら私たちの鬼ごっこに、
みんな参加したような
具合になっていました。

娘が大きくなってからは、
こんな風に子どもと
遊ぶ事もなかったので、
何だか久々に
おもしろかったデス。

●ステージ終了後は、

講評及び表彰まで
少し時間がありましたので、
近くのコメダコーヒーへ。

実はrs、コメダ初体験でして、
噂のシノノワール、
大きいのを3人でシェア
して、美味しく舌鼓。



玉子サンドの上が
チーズトースト風という
名物も、ハフハフ。



コメダを出ると、
ちょうど夕暮れの
いい雰囲気になっていました。

次回本番参集は、
3/2の清水マリナート。
清水初体験のメンバーさんも
多数。地元清水民rsは、
皆さんを清水にお招き
出来るのが嬉しくて、
ワクワク中です。

良い演奏、良い打ち上げ
目指して、頑張って
準備しますね~(≧▽≦)






連休初日は合同強化練習!

●お久しぶりです!

管理人のrsでーす。

管理人本人の仕事の都合で、
毎週(土)の磐田練習に
出られていないもんですから、
この磐田バッハブログも
うっかりちゃっかり、
お休みしてました。<(_ _)>

今日は、
来年3月2日(土)に
行われる
静岡バッハ創立10周年記念
コンサートに向けての
合同強化練習を
静岡で行いましたので、
ご報告。

●西から東から

磐田バッハメンバー、
東京バッハメンバー、
さらに
磐田コーロユビラーテ男声
メンバーも集まって下さり、

本日の合唱総勢は30名
となりました。

いつもの倍以上?
どのパートも良く鳴っていて、

いやぁ、合わせるの、
至福でした!



本日は『筑後川』全曲を
皮切りに、

バッハの
BWV 150
 Nach dir, Herr, verlanget mich
BWV 182
Himmelskonig, sei willkommen
BWV158
Der Friede sei mit dir
   ( Bass solo + soprano obligatoあり)

を一気にやりました。

相変わらずシゴキ炸裂、
ジョーク炸裂のマエストロ、
厳しく指導しながらも、
何やらすごぉく嬉しそうに
振ってらっしゃいました。

最近は体調も安定して
いらっしゃるし、
何より今日の練習に
手応えを感じていらした
のではないかなぁ、と
思います。

ソリストのI手さんが
「150番、やればやるほど
いい曲で~♪」と
おっしゃってましたが、
ホント、そうですねぇ。
どの曲もどの曲も、名曲です!

182番の軽やかなキラキラ感で
始まる第1曲も、rs的には
出だしからワクワク感が
止まらないので大好きですが、
7番のコラールが
なかなか難しい。

はい、今日も繰り返し
しごかれました(^。^;)

バスソロとソプラノ合唱が
絡む壮大なアリアのある
158番。
普段の練習では、ソリスト抜き
で、ソプラノだけが
しごかれているんですが、
今日の練習では、
I手さんの渾身のソロに
聞きほれつつ、
楽しく合わせの練習が
出来ました♪
はぁ~、カッコイい曲だぁ!

Welt, ade, Ich bin dein mude
(世界よ、さようなら、私はおまえに飽き飽きした)

から颯爽と始まるこのソロ、
バスの朗々たる響きを
これでもか、というくらい
堪能出来るすてきな曲です。

本番ステージ、
ますます楽しみに
なってきましたぁ。

●練習の後は三々五々にお食事会。

今回は、特に打ち上げと
いった企画はありませんで、
三々五々、練習会場から
駅方面に向かう、という
感じで解散。

で、駅ビル内の
オムレツのお店『卵とわたし』の前に偶然集ってしまった
一群7人が、

「おなかすいたー」
「おいしそー」
「早く食べたいー」

と口々に叫び、お店に
なだれ込みました。

夕食の時間には
少し早かったためか、
うまい具合に全員着席する
事が出来ました。

(食べながら、ふと
見たら、お店の外に
長蛇の列が出来ていた……)





たくさんおしゃべりし、
たくさん美味しく食べ、
大満足でありました。





駅構内は、既に
クリスマスムード。
久しぶりに集まった
メンバーとの
心温まる時間を
祝福してくれていたのかな。

●オマケ

来年度の本番ステージとなる
清水マリナートホール周辺は、
美味しい海の幸、地酒満載です。
一応世界遺産富士山と三保の松原
なんか、堪能出来る良い場所です。

清水初めての東京メンバーの皆様、
本番ステージの後は、
たくさん美味しく食べて呑んで
お帰りになって下さいね~(≧▽≦)

ご参考までに周辺地図でーす。

プロフィール

HN:
うり坊
性別:
非公開

カテゴリー

P R

Copyright ©  -- 磐田バッハいろいろアリアリ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]