忍者ブログ

磐田バッハいろいろアリアリ

静岡県磐田市に本拠を置く磐田バッハ合唱団のブログです。

昼下がりのチェンバロコンサート♪

●お久しぶりです。

管理人のrsです。

磐田・静岡バッハでは、
来年3月2日に
静岡市清水区のマリナート
小ホールで行われる次回
静岡バッハコンサートに
向けて、楽しく練習を
始めています。

1月・2月は記録破りの
極寒とインフルエンザ流行で、
練習もなかなか大変でしたが、

桜の花のほころびとともに、
練習会場にも明るい笑顔と
歌声があふれてきました。

●本日は

いつもお世話になる
チェンバロのK野さんの
ミニコンサートを
県庁別館展望台ラウンジで
お聴きしました。



演奏時間は、
県庁職員さんの
お昼休みに合わせたものか、
12:25~12:55の20分間。

静岡バッハメンバーズも
駆け付けましたが、
職員さんたちが多いのか、
会場は満員御礼。

昼下がりの明るいラウンジで
典雅なチェンバロの響きに
聞きほれました。



出だしはイギリスもので、
クラークの「デンマークの
王子の行進曲」、バードの
パヴァーナ、そして、
これもイギリスの有名な曲、「グリーン・スリーブス」をリュートの音色で
聞かせてくださいました。
 ↑
チェンバロは、ストッパ
という機構を使う事で、
さまざまな音色を楽しむ
事が出来るそうです。

それまで華やかさを
たたえた音色だった
チェンバロが、
あっという間にリュートの
より穏やかな趣に変わり、
お客様もビックリ。

チェンバロに
合わせて自然と身体が
揺れてしまいますね。

イギリスものの次は
フランスのダカンの
「かっこう」。

今ではお子さんたちの
ピアノ発表会の定番曲
ですが、元々はチェンバロの
曲なんですね。

またまたビックリ。

最後を飾ったのは、
バロックの二大巨匠
バッハとヘンデル。

バッハの方は、
「グノーのアヴェ・マリア」の
原曲として有名な
前奏曲とフーガ ハ長調。

ヘンデルは、
組曲第5番より
前奏曲、エアとヴァリエーション。

日本では、これまた
ピアノの定番曲になっている
「陽気なかじ屋」という曲
ですが、フィナーレを
飾るにふさわしい
三連音符の駆け上がる
美しい音の連なりに、
ワクワク感を抑えきれず、
皆さん楽しげに身体を
動かしながら聴いて
らっしゃいました。

終演後は、
チェンバロの仕組みを
説明していただいたり、
実際に弾かせていただいたり、
のお楽しみも。

rsもちゃっかり、
バッハのメヌエットを
少々。
ピアノとはまた違う
チェンバロの鍵盤の感触、
癒やしの音色に
思わずニッコリです。

K野さん、お疲れ様でした~(≧▽≦)







●駿府公園の桜は三分咲き

といったところで、
お楽しみはこれから、
という感じですが、

前日から今朝方までの
豪雨が嘘のような
明るい日差しの中、
心洗われる音に
浸った20分間でした。









PR

無事盛況のうちに終演いたしました。

●こんにちは、管理人のrsです。

磐田バッハの
バロック唱法・オリジナル
楽器による全曲演奏
「メサイア」、

本日めでたく盛況のうちに
終演となりました!

ご来場下さいました皆様、
また、このブログを御覧下さり、
応援して下さった皆様、
本当にありがとうございました!

体調を崩してしまった
メンバーさんがいらしたり、
急な代役に全力で当たって
くれたメンバーさんあり、

で、いつもの事ながら、
本番は本当に水ものだ、
という思いを新たに
いたしました。

本番につきものの、
勢い余ってのアクシデントも
なくはなかったのですが、

全員が一丸となって、
「なにくそ!」と
気合いを入れ直して乗り切り、

アクシデント勃発後の
響きは、より一層
美しくホールに広がって
いったように思えました。

これが東京ファイナル、
という思いを胸に、
ソリスト連も
白熱のパフォーマンス。

まさに、炸裂!
という感じ。

舞台上でお聴きしながら、
湧き上がる感動を
おさえられませんでした。

この日、この時を、
共有して下さった全ての
方々に、改めて御礼申し上げます。

終演後にホワイエで
お客様たちともお話しましたが、
お1人お1人のお顔が
輝きに満ちていたように
思います。

音楽の力を、
出演者も、お客様も、
共に、確かに、
胸一杯に受け止めて
会場を後にする事が出来たのでは
ないでしょうか。

舞台袖で、
満面の笑顔のうちに、
出演者1人1人と、
熱い握手をして下さった
マエストロ。
本当にお疲れ様でした!

●本日の写真集(撮影はrsと
O石さんです)


























 ↑
本日のおむすびお弁当。恒例のバナナと静岡のみかんと共に、美味しくいただきました! 

いよいよです。

●こんにちは、管理人のrsです。

日ごと寒さがつのる
師走の候ですが、

磐田バッハメンバーズは、
12月16日(土)の
浜離宮朝日ホールでのメサイア全曲演奏会に向けて、

それはそれは熱い
しごき(!)を受け、
直前練習に邁進しています。

東京では、静岡在住メンバー
との最後の合同練習が
3日にあり、

磐田では今週(土)の9日が
最終練習でした。

後は全員集まっての
ゲネプロ・リハーサル、
そして本番。

普段はなかなか
お会い出来ない遠方の
メンバーさんたちとの
再会に、今からワクワクしています。

●我らがマエストロの原点とも言うべき「メサイア」ですが

東京での演奏は、これが
ファイナルになる見通しです。

記念すべき演奏会を
最高のものにすべく、
練習に、準備に余念なく
過ごしておりますが、

何度歌っても、
何度聴いても、
やはり素晴らしい作品です。

天空から降り注ぐ
天使たちの
讃歌。

それに応えて
声を上げ、
神の教えを
世界中に届けようと
雄々しく前へ踏み出す
伝道者たち。

世の罪をその身に背負い、
嘲りに甘んじ、
十字架にかけられたキリスト。

そのキリストの降誕を
待ちわびる待降節(Advent)に
「メサイア」を歌える
私たちは幸せなのかもしれません。

ちなみにAdventは、
ラテン語のadventus(到来)を
語源とするそうです。

皆様と会場でお会いするのを
楽しみにしております。

●磐田からの風景をお届けしますね。


 ↑
秋の名残りその1。たわわに実った柿。


 ↑
秋の名残りその2。ドングリさんの装い。
(磐田市観光協会にて)


 ↑
忙しい打ち合わせタイムのお供は、
キビダンゴ。


 ↑
中身はこんな。桃太郎さんを食べようかな? おサルさんを食べようかな?


 ↑
先生のお宅の玄関先は
すっかりクリスマス。
華やかにお祝いムードです。
天に栄光、地に平和。
ハレルヤ!



東京本番、待ったなし! になりました。

●こんにちは、管理人のrsです。

いろいろウッカリしていて、
前回更新から大分、間が空いて
しまいました。

rs自身に余裕がなくって、
本日久々に本拠地の磐田の
練習に出まして、

あああ………。

これは、気合いを入れて
練習しないと、
12月の本番に間に合わない!

………というのを再確認。

そうです。

夏の浜松メサイアの後は、
磐田メンバーオンリーの
東京メサイア本番が待ち構えて
いるのでありました!

そろそろ高齢になってきて、
お身体も頑健ではない
マエストロは、

これが最後の東京公演、かも
…………とおっしゃってまして。

むきゃあ!(゚o゚;

全力上げて、
本番準備するっきゃないデス!

ちなみに、演奏会の
概要は以下の通りデス。



◆バロック唱法・オリジナル楽器によるヘンデル『メサイア』
全曲演奏会

2017年12月16日(土)
  開場 12:30
  開演 13:00

浜離宮朝日ホール
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社 新館二階

一般前売り 3,500円
一般当日  4,000円
学生前売り 2,000円
学生当日  2,500円

全席自由

指揮 坪井貞夫
合唱 磐田バッハ合唱団
オーケストラ
モーツァルト・アカデミー・トウキョウ(MAT)

ソリスト
[ソプラノ]本宮廉子・中楯有起・藤沢たまき
[アルト]北條加奈・上杉清仁
[テノール]佐藤敦史
[バス]春日保人・井手 守

◆チケットお問い合わせ

合唱団事務局 TEL 0538-34-4389
E-mail:  bach@yr.tnc.ne.jp

お誘い合わせの上、
どうぞお運び下さいませ。
お待ちしています!

●本日の磐田

静岡市は、ちょうど
[大道芸ワールドカップ]で
賑わっておりましたが、

磐田のマエストロのお宅は、
クリスマステイスト溢れる
可愛いデコレーションがお出迎え。





マエストロが描かれた
絵も、秋らしい風情のものが
数点、壁面にお目見えです。

練習終了後は、喫茶マエストロの
美味しいコーヒーと共に
絵画鑑賞デス。


伊豆長岡合宿第2日目

●緑したたる伊豆長岡の地で

12月のメサイア東京公演に
向けての合宿第2日目。

晴天に恵まれ、練習もうんと
はかどったようです。

富士山も微笑んでいるような。

「朝食です!
豪華なおかずに、さりげない漬物や塩辛が美味しくて、ご飯の御かわりもすすみます!」(O石さんレポートより)



「教会横の階段を上るとあやめ御前広場という公園があり、練習する横を観光客が階段を登って行きます。」(O石さんレポートより)























プロフィール

HN:
うり坊
性別:
非公開

カテゴリー

P R

Copyright ©  -- 磐田バッハいろいろアリアリ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]