忍者ブログ

磐田バッハいろいろアリアリ

静岡県磐田市に本拠を置く磐田バッハ合唱団のブログです。

静岡本番直前・東京練習~(*^▽^*)

●こんにちは、管理人のrsです。

4月8日(日)は、
静岡本番に向けての東京直前練習でした。

静岡・磐田からも8名ほどが参加、
チェンバロの香野さん、
チェロの十代田さん、
バスソリストの井手さんを中心に、
全曲をサクサクサクサク~♪と
通して練習してきました。



場所は北赤羽駅脇にある
赤羽北ふれあい館。
(駅名は「北赤羽」なのに、
よく見ると施設名は「赤羽北」なんですよね。
けど、私たちは、「北赤羽」に集合、と
言い合っています。)

まずはモテット3番の
Jesu, meine Freude(イエス、我が喜び)。

不肖rs、学生時代の初舞台から
磐田での何度かの本番(ドイツの
少年合唱団とのジョイントもありました。
子供たち、可愛かったなぁ)を経ている
んですが、すみません、まだ言葉が
回らないところがっ!
本番までにリズム読みをし直さなければっ!

そして、モテット6番の
Lobet den Herrn(すべての異邦人たちよ、主をたたえよ)。

短いけど、とっても明るく軽やかな讃歌。
大好きです。

普段静岡の練習では、8分音符♪=130くらい
の感じなんですが、東京では本番テンポで、
多分♪=145~150くらい。

息つくヒマもなく、ハレルヤコーラスに
駆け込みデス。歌い終わって、みんな、
はぁ~_| ̄|○

休み時間にK子先生に泣きながら
訴えにいったら、
「(マエストロは)ホントはもっと早く振りたいらしいわよ~( ´艸`)」と。

む、無理…………ただでさえ、口回らないのにっ!

これも、自主トレ必須デス!


  ↑
休み時間なのに、音程を確かめるために
キーボードに集まるアルト軍団。

後半戦は、カンタータ4番
Christ lag in Todes banden
(キリストは死の棘に繋がれしが)。

この曲は、宗教改革で
お馴染みのマルティン・ルター自身が
1524年に作詞したコラールをもとに作られた
コラール変奏曲で、イースター(復活祭)の
ために作曲されたもの、と言われています。

今年のイースターは、4月16日(日)です。

静岡本番は、前日の15日(土)に、
教会の礼拝堂で行われる、いわば
イースターをお祝いする演奏会。

イースターにカンタータ4番を
歌えるなんて、なかなかありそうで
ないんじゃないでしょうか?

曲の作りは、がっしり重厚で、
お祝いの楽しさよりも、
むしろ厳しさを感じさせるもの。

キリストの犠牲の上に、人類の幸福が
あるのだ、という厳粛な宗教的信念を
音で表現している、という感じです。

今回マエストロの興がのっちゃったので、
ソリストの井手さんのソロを
2回もフルに聴けてしまい、とってもラッキー
だったんですが、バスソロ曲の歌詞を
読んでいて、思わず瞠目してしまいました。

キリストがその身を捧げる事で、
「死」そのものに打ち勝ち、
「死」は私たちの家の戸を過ぎ去っていく、

という内容の歌詞があり、

あ、これは、出エジプト記に
出てくる「過ぎ越しの祭り」の
「死」のイメージなんだ!

と初めて気がつきました。

チャールトン・ヘストン主演の
映画『十戒』でも、不気味なシーンだったような。

  ご参考までに、旧約聖書「出エジプト記」
  第12章12~13から。

  「その夜、わたしはエジプトの国を巡り、
  人であれ、家畜であれ、エジプトの国の
  すべての初子(ういご)を撃つ。また、
  エジプトのすべての神々に裁きを行う。
  わたしは主である。
  あなたたちのいる家に塗った血は、あなた
  たちのしるしとなる。血を見たならば、
  わたしはあなたたちを過ぎ越す。」
  (ファラオの長男も死んでしまい、
  それまでユダヤ人を出国させまいと
  していたファラオが、ついに出国の許しを
  与える………んですが、やっぱり行かせない、
  と軍団が追いかけてきて、モーセが紅海を
  割って助かる)

それから「犠牲の子羊」=「キリスト」を
表す「Osterlamm」(ドイツ語歌詞の下に
付いてる英語訳だと、Easter Lamb)が、

アブラハムが神の命に従って、
子羊の代わりに最愛の我が子イサクを
犠牲として殺そうとする苦悩に満ちた
シーンとも重なるようにも感じました。

ルターなので、新約聖書を主に
しているような気がしていましたが、

旧約聖書の出来事が、
新約聖書のキリストで成就する、
という非常にキリスト教的な
イメージが、このソロ曲に集約されている
ように感じました。

最後のハレルヤコーラスの
重々しく、噛みしめるような
賛美が、何かとてつもなく
ルター的………。

本番でお聴きするのが、
ますます楽しみになりました♪


 ↑
チェロを囲むテノール・バス軍団

※※※※※※※本番情報※※※※※※※※

静岡バッハ合唱団演奏会
『新しい響き
  ~オリジナル楽器と「音」のエネルギー唱法で
   綴るバッハ』

指揮 坪井貞夫
合唱 静岡バッハ合唱団
   磐田バッハ合唱団(賛助出演)
独唱 井手 守
器楽 静岡バッハアンサンブル
    Vn1 大西律子コンサートマスター
    Vn2 高橋真二、Va1 青木英恵、
    Va2 小池吾郎、Vc 十代田光子
    Cb 角谷朋紀 チェンバロ 坪井香野

4月15日(土) 14:00開演(13:30 開場)

日本キリスト教団 静岡草深教会礼拝堂
静岡市葵区草深町4-6
☎054-254-5949

駿府公園外堀にあるNHK静岡の
裏手にある教会です。
JR静岡駅からは徒歩15分程度。
お車の場合は、NHK静岡を目指して
おいで下さい。

前売り 2,000円
当日券 2,500円



PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
うり坊
性別:
非公開

カテゴリー

P R

Copyright ©  -- 磐田バッハいろいろアリアリ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]